「カムカムエブリバディ」芸人・おいでやす小田が京都編に出演 酒屋のおじさん・森岡新平役

NHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」京都編(ひなた編)に、芸人のおいでやす小田が出演します。

この記事では、おいでやす小田が演じる酒屋のおじさん・森岡新平についてまとめるとともに、おいでやす小田の簡単なプロフィールもまとめます。森岡新平は京都に移り住むヒロイン一家のご近所さんとして、継続的にドラマに登場していきます。

スポンサーリンク

目次

京都下町商店街の酒屋のオジサン・森岡新平

3代目ヒロイン・大月ひなた(川栄李奈)は、京都の下町商店街の育ち。ひなたは優しいご近所さんに見守られながら、時代劇が大好きな女の子に成長していきます。

おいでやす小田が演じる森岡新平も、大月一家と仲が良いご近所さんの一人。「あかね通り商店街」にある酒屋「森岡酒店」の店主である森岡は、「キレの良いトーク」でひなた家族のことをいつも気にかけています。

「あかね通り商店街」には回転焼き屋の錠一郎、雑貨屋の吉右衛門、そして酒屋の森岡新平と、マイペースなおじさんたちがたくさんいます。彼らのゆる〜い絡みもドラマの楽しみのひとつとなりそうです。

おいでやす小田はご当地・京都市出身。「京都大好き芸人」を自称し、京都府文化観光大使に任命されるなど、京都に強い思い入れを持っています。岡山編(安子編)や大阪編(るい編)とも少し違う、京都らしい空気感を見せてくれそうです。

芸人・おいでやす小田 「おいでやすこが」でM1準優勝

おいでやす小田は、京都市出身の43歳。吉本興業東京本社所属に所属するお笑い芸人です。ツイッターのやりとりの中で、京都市北部の二軒茶屋駅(叡山電鉄鞍馬線)周辺が地元であることを明かしています。

大学在学中に衝動的にNSC(吉本総合芸能学院)入りを決意し、大学を中退してお笑い芸人の道に進んだおいでやす小田。

西森洋一(現・モンスターエンジン)とお笑いコンビ「蛇腹」を組むものの1年半で解散し、その後に奥重敦史(現・吉本新喜劇)と組んだ「土瓶」というコンビも4年半で解散。2008年頃からはピン芸人として活動を行っています。

2016年から5年連続で「R-1ぐらんぷり」のファイナリストになるなど、ピン芸人として活躍を見せ始めたおいでやす小田。2019年に同じ40代のピン芸人・こがけんと即席ユニット「おいでやすこが」を結成すると、2020年の「M-1グランプリ」では見事に準優勝。強烈な怒鳴りツッコミとメガネのオジサンキャラが相まって、大きな注目を集めています。

この勢いが買われたのか、2021年にはドラマ「カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜」(読売テレビ)に主人公の上司・境正美役で出演。漫才ネタそのままに怒鳴り散らす上司役を演じています。

「カムカムエヴリバディ」で演じる酒屋のオジサン・森岡新平は、良くしゃべる京都のおっちゃんという役どころ。京言葉や京都の空気感を知り尽くしたおいでやす小田が、ドラマにリアリティをもたらしてくれそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる